今日はロックの日      9日

6月9日・・・ということで「ロックの日」なんだそうだ ロックの味方ペンギンハウスももちろんこの日に何もしないわけが無いでしょう(笑) そういえわけで今日は選りすぐりのロックミュージシャンたちが登場したよ
最初の出演者はペンギンハウスでは最近めきめきと腕を磨いてる若手(僕らから見ればだけど)バンド9413だ いつもはvo/g ,b ,ds , per/choの4人編成の彼らだが今日はドラムのメンバーが用事で欠席 代りにいつもはパーカッション担当の「ブルース」がドラムに座りトリオだ 人数が少なくてちょっと寂しい?・・・いやいや、むしろ音がタイトにまとまって僕はこれもいいと思うな 今日はスタートが18:30と早くてトップの彼らのときはまだ客席が寂しかったのでちょっとやりにくかったかも知れないけど、テンションをキープしていい感じで勢いのいいR&Rをぶちかましてくれた お疲れ様!

2番目に登場したのはg/vo , g ,b ,dsの4人組のユニット ハッピーターンだ 僕は担当させてもらうのは初めてだがペンギンハウスにはだいぶ前から出ているようだ ぱっと見「おやじバンド?」と思ったら大間違い どっすんと重みがあり爆発力殺傷能力のとてつもなく強い「やんちゃな」バンドだ リードギターはエッジのすごく立ったパーカッシブな音だし、ボーカルはちょっと少年のような歌詞を激烈なパッションで歌うよいうより叫ぶ・・・かな いやあ、パンクだったなあ

そして、3番目の演奏者は 電気うなぎ というユニット 新城ヒデキ(vo/g)と北川剛(vo/g)という2人のミュージシャンの双頭スタイルで、2人ともギターの名プレイヤーでボーカリストだからこのジョイントはもうステージから迫力とやる気がはみ出してしまいそうだ オリジナルにカバーを混ぜて2人のギターが唸りを上げる こっち・・・うわ、今度はこっち・・・ソロがくるくると代る 気は抜けない(笑)

そして「ロックの日」最後を飾るのは・・・そうかあ このユニットが来たぞ! g/vo ,g/vo ,dsの3ピースユニット セブンティーン だ ベースレスの編成で2台のギターもドラムももうひたすらシンプルにリズムを刻む このシンプルさが気持ちいいロックサウンドの基本だもんね そしてリードボーカルのコヨシの素晴らしい発音の英語で歌われる曲はカバーが主だがどれも気持ちのいいR&Rだ そうそう、今日は1曲だけ日本語の歌詞の曲があったがこれがすごくよかった 聞いたら「レナード・コーエン」の曲に日本語の歌詞をつけたそうだけど、こういうのまた作って欲しいねえ 僕個人としてはやっぱり日本語の曲聴きたいね さあ、こうして高円寺のライブハウス純情商店街のペンギンハウスのロックの日は無事終了 終わったあとの余韻が・・・まだ続いているぞ

高円寺ライブハウス ペンギンハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント