前夜かあ      10日

もちろん忘れているわけではない 昼過ぎに表に出るとものすごい暖かさ・・・と言うよりほとんど暑い!今日の気候は一体なんだ 空は怪しげにかすんでいる 黄砂なのかなあ・・・もちろん忘れてはいない 今日は10日 そして明日は11日だ もう2年かあ・・・
月日は気がつけばどんどん経っている 高円寺ライブハウスが一年中季節感とは関係なく時間も止まっているようでも、そこに訪れる出演者も日々新しい時間を過ごしている さて、そんなことをしみじみ思いながら今日最初の出演者の演奏を眺めている 嫁とDUOという2人組のユニットはダンナがギターヨメさんがボーカルというとても解り易い編成だ ただ、そのヨメさんは現在妊娠8ヶ月 もう本当に大きく膨れ上がったおなかを抱えてやってきた 「大丈夫なの?」と思わず聞きたくなるが、本人は「出産前に思い切り歌っておきたい」・・・と至って前向きだ さて、ライブが始まると予想とは大違い そんなことは微塵も感じさせない見事な歌いっぷり 声が出る出る!横でダンナの木下徹が思わず苦笑い・・・心残りのない素晴らしい歌いっぷりだった あとは・・・お大事に(笑)

2番目はGIAMAMOO(ガイアマムー)という2人組のユニット これはペンギンハウスに長く出演し続ける個性派アーティストMEHATAの組んだユニット 彼は毎回違う編成で違うスタイルで演奏するが、今回はサンプラーやパソコンを多用したスタイル ノイズかというとそうではなくて、何か東洋的な音使いを中心にした基本的には静か~な演奏だった 病み上がりの僕には気持ちのいい音だったねえ

3男目の演奏者はローライフサーファーユニットという いつもはローライフサーファーズというvo/sax ,g ,b ,dsという編成で出演している中からボーカルのトモとギターの2人だけでの演奏 「あえて不足感を楽しむ」というトモの言葉どおりギターだけのバッキングで歌うトモの歌がいつもよりゆっくりじんわりと言葉が染みてくるような気がする そのトモがしみじみと話した「ねえ、2年前の今日ってあんな大震災が翌日来るって夢にも思わなかったよね」・・・本当にそのとおりだ そういえば小阪忠の「機関車」 HOTNUTSの杉野森カズも歌ってるけど、それとはまったくテイストが違っていて 面白かった コーラスもよかったしね

そして、最後は以前「生まれつき髭の濃い人たちへ」という名前で出演していたのが改名してTinca Tincaという名前になったg ,ds の二人組み 彼らの演奏はもう1対1のガチンコ勝負のように激突する2つの楽器 それはリフとリズムの畳み掛けあいで連続している 独特のドラムパタ-ンが常に張り詰めた空気を産み出す そこへ変則技のようにギターが突っ込んでゆく テニスのラリーのような緊張感が続く 今夜の彼らはどこまで行くのだろう・・・

高円寺ライブハウス ペンギンハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント