梅雨、飛んでけ~     21日

今日のペンギンハウスライブ 前半は気持ちのいいインストユニットが2つ並んだ 最初の演奏者はギタリスト木下徹を中心にしたカルテット メンバーは林隆史(g)、細谷拓馬(wb)、長沢哲(ds)木下は毎回演奏する毎にメンバーも違うしやる曲もだいぶ変わる 前回(?)は「キング・クリムゾン」の曲ばかりのかなり「変態」的な演奏もやったりしたが今日はウッドベースがいるせいか、割とオーソドックスなジャズっぽい曲から入る・・・でも、徐々にプログレな方向にもカーブしていったり・・・相変わらず予測不能な演奏 でも、今日の木下ユニットはわりとPOPだったなあ うわあ林隆史のギターのスゥイープ奏法、華麗だなあ・・・などと言ってる間に、あらら最後の曲だ ところで・・・写真の画面上で木下氏の顔だけが暗く写ってるのは照明のせいでも(一応スポット当たってます)カメラのせいでもないので(笑)あしからず

2番目のインストユニットはエソギエ 山中ヒデユキ(baritonsax)、福島ピート幹夫(b)、中里敦(ds)それに今日はワタナベヒデキ(per)が入っての4人編成 山中のバリトンサックスのループを使った~重奏・・・まるでブラスバンドみたいな音からステージが始まる ラテンパーカッションが入ったせいか、今日はラテンな曲からのスタート アップテンポの3曲が続いたあとに「静かな曲」です」と言ってやった曲はレゲエのリズムだった その曲が終わって山中のMCが始まった 本人は大の苦手・・・だそうだが、けっこう面白かった そのあともアップテンポの軽快なラテンンナンバー・・・おお、梅雨の鬱陶しさが飛んでいきそうだ!

そして3組目からは「歌モノ」へと変わる 登場するシンガーは深野公章 普段は「Lovin’ Cup」というバンドをバックに演奏しているが、今日はRUMBLE SLOWというユニットで登場 メンバーは深野公章(vo/ag)を中心にeg ,b ,ds ,keyという編成 いつもはオリジナル曲だけをやる彼が今回は、S&G、古井戸、あがた森魚などのカバーなども交えての演奏 ギターもアコギだし居る色と新鮮な面が見えて面白かったなあ 今回このメンバーでやるのは初めてだそうだがまたやってほしいね

そして、最後に登場したのは久しぶりのこのユニット NoLaVoだ ボーカルのユーコユーゲを中心にした彼らはもうペンギンハウスにも長いこと出ているが、今回メンバーが大幅に交代してユーコとギターのマディーヤマザキ以外の2人ヨシカワ(b)ドイ(key)が新加入 新編成になって初めてのライブだそうだ でもやっぱりユーコのあど独特のハスキーでふわっと宙に舞い上がってゆきそうなボーカルとマディーの柔らかいブルージーなギターがあれば何も心配はいらない 今日も実に気持ち良さそうにシャウトもしながらユーコを見られて僕も嬉しかったよ そうそう・・・彼女の動きや表情を見ていて僕はふと思った 「猫みたい・・・」今日も梅雨前線と台風の影響で雨だらけの夜の高円寺のライブハウスに今夜は気持ちいい空気が満ちていたなあ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする