ギターを弾こう   41

座ってギターを弾く場合はそんなにマイクとの位置は変わらないと思う(まあ人によるけど)

問題は立って演奏するときだ 僕がピックアップをつけるようになったのは立って演奏するときどうしても動いてしまうということがあったからだ

しかし、昔まだピックアップも無かったころにも立って烈しく動きながら演奏するプレイヤーはけっこう居た 当時のそういう人たちは独得のテクニックを持っていたのだ

言葉で説明するより写真をみてもらったほうが早いと思う

下の一枚目からマイクが動いてるように見えるが実際はギターを動かしているのだが 1)まずネックのほうが前に出ている 2)ちょうど正面を向いている 3)今度はネックは後のほうに向いている
012011013

ここで大事なのはマイクの先端が向いてる位置と距離だ 3枚の写真ではどれも大体10センチくらいの距離でマイクの延長線上がギターのサウンドホールからわずかにネック寄りにずれたところに当ってるでしょ この状態を保てればかなりギターを動かした(上の写真だと左右に70度ぐらい回している)としてもほぼ同じ音がマイクに入ることになるmiddle_1335593479

以前、ペンギンハウスにベテランシンガーの三上寛が出たときこういうマイキングで烈しく動きながら見事にマイクに音を乗せていた

昔からやってる人はこういうテクをちゃんと身につけてるんだよね

高円寺ライブハウス ペンギンハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 寺田町 より:

    ジミーさん、愛読させていただいてますよ。
    と、僕のことなど書いて下さって感激です。
    2月2日は楽しみにしています。
    よろしくお願いします!

    • penguinhouse より:

      有難うございます! 本当に今のプレイヤーたちにいい教材になるのではと思ったので・・・こちらも2月2日楽しみにしてます