変態 大~好き!    23日

今日23日は「秋分の日」だよね 明日から夜が長くなる節目の今日 ペンギンハウスではちょっと面白い企画ライブが開かれた タイトルは「変態音楽の夕べ」~変態さんいらっしゃい~
ペンギンハウスでもお馴染みのインストユニット「平和堂」の企画だ

さて、どれだけ変態ぶりを発揮してくれたのだろう・・・今日の出演者は3組

まず最初に登場したのは g , b , ds , violin の4人編成の バズーカダダ

いかにも「ロックギタリスト」といった雰囲気のギタリスト・・・その印象を裏切らずに彼らの演奏は「マハビシュ・オーケストラ」や「キング・クリムゾン」のナンバーを演ってくれた ギターとバイオリンのコンビネーションが最高! 最後の完全インプロの即興演奏もよかった その締めをブルースにするところに「さすが!」と思わず僕もにんまりしてしまったのだ いやあ、楽しい! 彼らの演奏は「インプロってよくわからない~」というような人でも気軽に入っていけるようないいエントランスを作ってくれた そしていよいよ「ド、変態」が登場する
001002005003004006

さあ、変態さんがやってくる 2番目に登場したのは g , b , ds の3ピースユニット マグマトロン

このギタートリオが演奏を開始したとき僕はあるバンドを思い出していた それはちょっと前にペンギンハウスでプチブレイクしていた北欧のインストユニット 「スコーチトリオ」だ


とにかくアグレッシブに音楽というものを徹底的に破壊しながらその実ものすごいクオリティーで「今」を表現してみせる・・・その演奏に限りなく近いものを彼らは持っていた

しかもそれだけではない 演奏が進む中でギターはフルートやサックスに、ベースはバスクラリネットに、ドラムはスライドトランペット(トロンボーンの小さいやつみたいな)に持ち替え、それがまたすごくいいのだ 彼らの演奏を聴いてると「インプロミュージック大図鑑」みたいなものになってしまうのだ! いやああ・・・こりゃあ「大変態」だ! すごい! 言葉にならない・・・言葉だけど(笑)
007009008010011013

そして3番目、最後に登場するのがもう「ド変態」と言ってしまいたくなる今日の主役 平和堂

彼らがすごいのはこの全員のなんとも「ゆるキャラ」みたいなルックスとそこから発するとんでもなく「素材不明」なサウンドだ

この key , b , ds , シンセドラム という4人編成の楽団のサウンドはそもそも「どの音を誰が出しているのか」という素朴な疑問にぶち当たる

生で聴いててもまるで解らないのだ 僕だけはPAオペレーターの特権でそれぞれの楽器を「solo」モードでヘッドホンでこっそり聴いていた

すると「え~!この音ベースが出してたんだあ!」というように有り得ないような音がそれぞれのメンバーの持ち場からやってくる そしてそれらがどういう具合に「化合」するのか・・・気が付いてみると全体としてはなんだかすごく気持ちのいい「アンビエントサウンド」が出来上がるのだ

それはもう本当に「マッド・サイエンティスト」でなければ出来ない所業・・・

まさに「大変態ここにあり」なのだ しかし・・・なんて気持ちのいい楽しい演奏なんだろう~!
014018019017016020

高円寺ライブハウス ペンギンハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小池野豚 より:

    MAGMATRON最高でした。僕もスコーチ・トリオを思い浮かべていました。

    • penguinhouse より:

      MAGMATRON カッコ良かったですねえ!
      私たちもまたゼヒ聴きたいと思ってます