売れる?        6日

今回の正月はなぜか体調をくずした人が多かったようだ その中でもわがペンギンハウスのスタッフのテキサスも年末から胃腸の調子が悪くて酒も飲めない・・・そんな日々が続いているという ちょっと心配だ それに今日は彼女、出演もするので・・・
さて、新年早々今日は超個性派の出演者ばかりが揃った いきなり無茶苦茶「濃い」のだ
最初の演奏者はもうペンギンハウスではお馴染みになったサイトウエレトリコ その非常に不思議な曲調と異常に短い演奏時間と複雑なアレンジで孤高の世界を作っているが、今日もそのサイトウワールドが全開 現代音楽のようなその音はメンバーでさえ完全に覚えるのが難しいというが、本当になんでこんな曲が書けるのだろう それにしても音がまるで紙縒りのように脳の奥をこちょこちょとくすぐる 気持ちがいいのだ

そして、2番手はこれもお馴染みマスター亜郎のユニット生半可だ 今回のサポートメンバーはまきょと(ひひひのひ)テキサスだ この2人の演奏は前回も好評だったが、音のマッチングがとてもいい 亜郎言うところの「魚を得た水」といった感じだろうか 亜郎の俳句も新作を交えてちょっと正月っぽいいい感じだった

3番目はペンギンハウス初登場の2人組ユニットGOLD&SAINTの登場 サンプラーにキーボード、ボイスチェンジャーなどを使った本人たち曰く「テクノポップ」というスタイルの演奏だったが、これがなかなか毒気も笑いも含んだこってりした味がぎっしり エフェクトボイスに紛れてけっこう過激な言葉がぽんぽん飛び出してくる ある意味「ハードコア」と言ってもいいかもしれない 曲間のMCも本人たちはダメだと言うが面白い ドライブ感やスピード感がいいねえ 最近のペンギンにはちょっとないスタイルだった

そして新年早々早くもペンギンハウスに登場した歌劇パフォーマンスグループ ザ・ショッキングが今日の締めを飾る・・・というか散らかす(笑) テキサス、胃は大丈夫か?などと心配しても仕方がない 過激道を突き進む彼女たちがそんなことで手加減するはずもないし・・・さあ始まりました
今日のネタはいきなり瞬間接着剤で体にくっつけたビンやカンのビールをお客に無理やり取らせるという「捨て身」のメニュー メリッと音がしてハプニングの頬にくっついたカンビールがむしり取られる そのほかサボテンのお手玉とか小麦粉を吹き付けて老けメイクとか相変わらずの過激でオバカなメニューが続き、最後はお馴染み口に含んだポスカでの「書初め」 さあてハプニングは何を書くのか 今年の「字」は・・・・なるほど 「売」かあ そうだね 売れるといいね 体壊す前にね

・・・そして高円寺ライブハウスの夜はふけていった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント