オースチンな夜    18日

いやあ、久しぶりにいいお天気・・・そして急に暑くなった 東海地方までは梅雨明けしたというが・・・関東はどうなんだろう

そんな今日18日(月) ペンギンハウスライブは企画イベントが開かれた

タイトルは 『オースチンレコード企画』
個性的ミュージシャンたちの音源を配信し続けるオースチンレコード 今回もそこの一押しのミュージシャンたちが集合した 出演は全部で4組

最初の出演者はアコギ弾語りの ニイマリコ

以前弾語りシンガーの羽賀和貴とDUOで出演したことある人だが、今日の最初の曲が野坂昭如の「マリリンモンロー ノーリターン」という意表をつく選曲 そこからカバーとオリジナルを混ぜて なんともほんわかとした独特のステージング どことなくミステリアスな魅力を持つシンガーだ
DSC_0274DSC_0275DSC_0277DSC_0280

2番目に登場したのは g/vo , g/vo の2人組ユニット 鶯色

ペンギンハウスには初登場だがこのメンバー 山田民族、スズキミキコ・・・二人ともソロではペンギンハウスにはすごく馴染みのあるミュージシャンだ このそれぞれ個性的が組んで出来上がったユニットは何と言ったらいいのか・・・なんかすごくシュールなアナーキーなフォークソングという感じでとても面白かった
DSC_0289DSC_0281DSC_0285DSC_0284DSC_0288

3番目に登場したのはペンギンハウスには何度か出演している g/vo , g , b , ds , key の5人編成のバンド the oyster & the flying fish

リードギターがトーキングボックスのようなエフェクターを使ったりキーボードがテルミンのような音を出したりとサウンド的にもかなり凝った独特のバンドサウンドを生み出す中、ボーカルはちょっとデビッド・ボウイやブライアン・フェリーのような雰囲気を持った・・・独特なウェットな感じがいいバンドだ
DSC_0292DSC_0294DSC_0295DSC_0297DSC_0299

そして最後に登場するのはこのバンドはペンギンハウスにも初登場の vo , g , b , ds , sax の5人編成のバンド てろてろ

サウンドは二人の女性プレイヤーの出すフリージャズとパンクが融合したような世界 そこにボーカルは歌う・・・というよりは「詩を絶叫する」というようなスタイル

デカダンとパンキッシュさがちょうどいいところで交わったようなこのバンドの演奏は刺激的で官能的でもあった 今日もなんとまた個性的な素晴らしい出演者が集まって、ペンギンハウスの中ではすっかりと梅雨が明けてしまったような夜だった
DSC_0302DSC_0314DSC_0308DSC_0313DSC_0306

高円寺ライブハウス ペンギンハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 藤衛門 より:

     お疲れ様でした!いつも無理を聞いていただいてありがとうございます。今回も充実したライブをやらせてもらいました。また、よろしくお願いします。

    • penguinhouse より:

      すみません、返信遅くなりましたがいつも素敵なライブを有難うございます!
      これからもよろしくお願いします