悪いことは続かない      19日

今日最初の出演者は御馴染み地球外生命体のグループの宇宙人だ 「さよならボインジャー」とか宇宙や神秘的なものをテーマにした曲が多いが演奏はいたって正統派だ 毎回同じ「我々は宇宙から地球のロックを勉強に来ている・・・」というMCもすっかり御馴染みになってるが、今回は新メンバーが一人加わっていた キーボードとコーラスで新加入したヨコタマリコというえらく若いメンバーだ このおかげで宇宙人平均年齢もだいぶ下がったんじゃないかな どこの星から来たのか・・・次に来たら聞いて見よう ノリのいいインストや歌 いつも楽しませてくれるバンドだ

次に登場したのはペンギンハウス初登場 新潟からやってきたターコイズヒップという2人組 アコーステイックギターに黄色い三角の楽器「これ何?」と思ったら一種のシンセドラム・・・かな それに「打ち込み」を使ったちょっと不思議なサウンドを作っていた 衣装などから「オーガニック系?」かと思ったが・・・いざ演奏を見たら・・・う~ん、これは何と言ったらいいんだろう 僕はなぜか昔の昭和歌謡の「夏樹マリ」を思い出していた それだけボーカルが色っぽかった ペンギンにはなかなか居ないタイプだなあ ある意味新鮮だったよ

その次に登場したのはこれもペンギンでは御馴染みのユニット 豊樹野しげと&伝染Roll’sだ 今日はボーカルの豊樹野が気管支炎だそうで「大丈夫?」と思ったが、ちょっとしんどそうではあったがなかなかの熱演だった いつものナンバー「大地に還れば」では僕がSEを入れる役を任されてるが、もうどこで入れるかも「お任せ」になってきたぞ まるで寿司屋の馴染みの客みたいだな(笑)ブルースを土台にしながらそこに「一味」違うものを持ち込んで独自のものを作っている いかにもペンギンハウスらしいブルースバンドだ

ペンギンらしいって言えばこのバンドだろう 半PEKOももう長いことここのステージを盛り上げてきてくれている 今日のメンバーはステイールパンの小西が休場なのでギターボーカル、ピアノ、コーラス、パーカスという編成だ 今日のなだのきは何だか嬉しそう・・・それは彼の日常の仕事で今まで無茶苦茶ハードだった仕事場から今日やっと抜け出せたそうでMCでも「本当によかった!」としみじみと何度も言ってたので余程だったのだろう なにしろ最近の彼は激やせで周りも心配してたくらいだ その嬉しさがしっかり演奏にも表れて今日の半PEKOの演奏はいつにも増していい感じだった よっちゃん よかったね

・・・高円寺ライブハウスの夜はふけていった・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 初ペンギンハウス、気持ち良く演らせて頂きました、ありがとうございました!
    またよろしくお願いしますm(_ _)m

    • penguinhouse より:

      お疲れさまでした とても不思議な音世界をお持ちですよね またよろしくお願いします