先発~押さえ        7日

今日最初の演奏者は あさのおよぐ 彼はほとんどいつもトップで演奏している 別にそれは「前座」扱いされているからではない いつでも、どんな対バンのときでも一番最初に出てってその日のライブの空気を作ってくれる・・・貴重な存在なのだ 野球で言えば「先発ピッチャー」だ その日の勝負を決定する大事な役割なのだ そして、その期待を決して裏切らない 今日もおよぐは最高だった いつもと違うのはそれまで使っていたギターアンプJCをFenderに替えたこと・・・これが結果的によかった けっこう爆音で弾くおよぐのギターがアンプのせいで耳に痛くない さすがはチューブアンプだ それがまた60年代っぽい図太く暖かい音でよかったなあ

2番手は津軽前田そして今回はサポートにタケちゃんというハープ吹きが参加した このタケちゃんというプレイヤーはライブハウスより高円寺にいる人なら多分1度くらいはお目にかかってると思う ほとんど毎晩高円寺駅近くのガード下でストリート演奏やっているハーピストだ 今回前田はマスター亜郎から「エフェクター禁止命令」を言いつけられていた 僕もそう思ってたのだが彼のアコギに使うエフェクターがどうも音的にしっくりこない感じがあったので・・・そしてノンエフェクトでの彼の演奏・・・僕がここのPAをやるようになってから彼の演奏の中では多分今日のが一番よかったと思う エフェクター無しのほうがむしろ彼のちょっとエキセントリックでパンキッシュな歌い方には合ってると思う そしてタケちゃんのハープがまたいい感じで絶妙な音を付けていた さすがにストリートで日々鍛えてるだけはあるなあ 今日のこのユニット うん、すごくいいね

3 番目に登場したのはペンギンハウスには初登場のユニット まん腹 編成はvo ,ag ,b ,大正琴の4人編成 大正琴が入ってるので日本的な古風な演奏をするのかと思ってたら曲調はかなりポップな感じで今風 メロディーもアレンジも結構凝ってて今の若人たちらしい聴きやすいものだった 惜しかったのは周りの楽器のボリュームがかなり大きめで真ん中のボーカルの女性の声がちょっと弱かったことかな そこらへんのバランスを考えればきっともっとよくなるだろうなあ この編成、面白いのでぜひ頑張っていいバンドサウンドにしていってほしいね 次回を楽しみにしてるよ

そして最後に登場するのが ミノルBグッド あさのおよぐがオープニングにぴったりなように、この人はラストにもってこいの存在だ その日のライブがどんな流れになっていようが最後は彼の独特の引力ですっかり引きつけて「持っていって」しまう 野球で言えば「押さえ」・・・なのかな 今日のライブは全体的にいい雰囲気で流れてたけど、そこはミノル もう1発目でガツンとストレートの剛速球 いきなり160キロだ(笑) そのあとは硬軟使い分け、ギンギンのロックンロールからしんみりするバラードまで・・・もうペンギンハウスはすっかりミノルワールドになってるぞ! ミッキーマウスよりも凄いんだから(笑)

高円寺ライブハウス ペンギンハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント