仲田修子話 100

時には対バンの相手から嫌がらせを受けることもあった 渋谷あたりの店に行ったときだ その店にはキーボードとアコギのDUO が対バンで入っていたのだが、修子がステージを務めるとそのあと必ずその2人が修子が歌った同じ曲を演奏するのだ

最初はなぜだろう?と思ったが「ああこれは嫌がらせなのだ」と気づいた修子だったが・・・もっと驚いたことがあった

修子が歌っているとその店の経営者が彼女のところにやってきてこう言うのだ

「もっとロックな曲をやってくれ」

それで仕方なく必死に「プラウド・メアリー」などを歌ったのだが

「そんな曲じゃなくてロックだよ!ロックを歌ってくれ」と言うのだ

それじゃ何をやればいいのだろう・・・DEEP PURPLEなんて出来ないし・・・と修子が悩んでいると例の嫌がらせをしてた対バンの2人がステージでシャンソンの「ろくでなし」を演奏した

するとそれを見た経営者は「これだよ!こういうロックをやってほしいんだよ」

・・・それでようやく真相が掴めた 彼にとっては“ロック”というのはちょっとリズムのあるシャンソンのことだったのだ

なあんだ、そんな簡単なことだったのか ようやく修子は腑に落ちた

あるとき修子にちょっと大変な仕事が入ってきた

六本木の交差点のすぐ近くにあった店・・・そこはなんとディスコだったのだ

そこに修子はギターの弾き語りで出演したのだ 対バンは5人編成のフィリピン人バンド 何しろ多勢に無勢・・・修子にはアコギと当時「ドンカマ」(注)と呼ばれていたリズムボックスしか無かった

注;「ドンカマ」とは 正式名称は「ドンカマチック(DONKA MATIC)」1963年に王技術研究所(現コルグ )が発売した、国産初のリズムマシン手元にリズムパターンを帰るスイッチがあり足元に置いたフットスイッチでon/offを操作して使っていた

発売当時の価格は280,000円 現在の貨幣価値に換算するとなんと約300万円くらい!

今回、連載100回を記念してボーナスコンテンツをお届けします この動画は2002年に大田区民プラザホールで開かれたコンサートのときのものです ちなみにドラムが瀬山研二 そしてコーラスに今のペンギンハウスのPAスタッフのヤマノくんが入ってますよ


高円寺ライブハウス ペンギンハウス

出演するには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする